「寺尾芙美子」の記事一覧

スピリチャルメッセージ 寺尾芙美子さん

youtubeでスピリチャルで検索すると
ヒットして出てきます。

グループセッションの最初に話していること
が動画で配信されています。

普通のOLをしていたころの
自分が嫌でもがき苦しんで
たどり着いたのがスピリチャルだった。
体験を交えてお話されています。


今に苦しむ女性だけでなく
男性にも聴いてほしいい内容です。

人の目を気にして生きてきた。
人からどう思われているのかが気になってしょうがない。
あの人から良く思われたいから気に入られる生き方をしよう。

こんなことで生活していると
自分の意志と他人の目のギャップが生じて
苦しくなってくるんです。

おっしゃるとおり
私も若いころは他人の目が気になって
自分でやりたいことは
何一つできませんでした。

これをやったら嫌われんじゃないか?
マナーを知らないから笑われるんじゃないか?
世間知らずと笑われるんじゃないか?

そんな思いが頭の大部分で
自分を過少評価していました。

つまり
奥ゆかしくて、おとなしいい。
人畜無害な男でした。
実は他人の目が気になって何もできなかったのです。

争うことを嫌い
自分の意見をないがしろにして
他人の言うことをそのまま実行していました。

そうすると
どんどん、自分を馬鹿にする人が
現れてきました。

食堂に入っても
馬鹿にされているようで
落ち着きませんでした。


お金がなく一番安いものしか
注文しなかったので
お店に悪いと思いながら食べていたんです。

お金が本当になかったわけでなく
高い料金の物を食べたら
お金が無くなって、生活にこまってしまうんではないか?

節約しないと生きていけないのではないか?
恐れからの制限が働いていたのでした。

ここは安いメニューで食べるしかない。

そんなふううに、固まった考え方で
生きていました。

毎日が冷や汗もんです。
他のテーブルのお客さんにひそひそ話されると
あれは、私の悪口をいっているんだ。
そう思ったり。
店の人も私が来てほしくないんだ。
安いものしか注文しないから
店としては良いお客じゃないから
厄介者だ。
そう思われているに違いない。

そんなことで頭がいっぱいなので
世間一般的な会話が成り立ちません。

注文品をオーダーして
ごちそうさまでした。
と言ってお金を払って帰るだけの
会話しかできなかったのです。

お店の人と仲良くなれるはずもなく
お店はお店、自分は自分。
合い入れない物。

今思えば一番つらい時期だったかもしれません。

他人の目を気にすることは
絶対にやってはいけません。

反社会的な行為をしてもいい
というわけではなく
自分で自分がやりたいことを決めて
それを実行するということです。

他人に決めさせないことです。

グループで食事になった時
みんなに合わせて食べたくない物を
オーダーしなくてもいいです。

同じものなら早く出来上がるからと
一緒のものを注文していませんか。

食べたいものだったらいいのですが
合わせた方が無難だからという理由なら
自分を見失いかねません。

お偉いさんがおごってくれるのなら
なおさら、食べたことがないような
高級なものを注文しましょうw。

昔の私は遠慮していつも食べているものを
注文しました。

お金持ちは、そんなことで腹を立てません。
むしろ食事に満足してもらえるかどうか
の方を気にします。

満足してもらったという、ごちそうしたいと
思う気持ちが満たされることが喜びなのです。


あなたが思っているから
みんながそうだと思うのは
あなたの思い過ごしです。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ