「原因と結果の法則」の記事一覧

あなたも私も、もともと金持ちだったんです。

心の中の思いが私たちを創っている。

目に見える物質の世界においても
目に見えない世界においても。

目に見えない世界でも
原因と結果の法則が成り立っている。


すべては思考から始まっているので
どの次元にいっても思考が出来る
自分のアイデンティティがあるわけです。

神様から子別れした私たちは
おのおの神様なのです。

もともとひとつとして在ったものが
自分を知りたくてなって
自分以外のものになろうとしました。

つまり鏡がないと自分が観れなかったのです。

自分が光っているのか、暗いのかを知るために
闇が必要になり
光が必要になったのです。

温度があるなら
私は暑いのか冷たいのか、知りたくなったのです。
それで対比する物質がうまれました。

自分の状態を知るには
そうでない物が必要だったからです。

世界中が自分一人だと
誰も私の姿を教えてくれる人がいなかったのです。


後ろで観てくれる人がいるから
その人がこんな格好でしたと
教えてくれたのです。

神様も後ろに目が付いていないのです。
もともとひとつだったので
後ろも前もなかったのです。


もともとひとつだったものが
自分を見たくなり
分かれました。

自分と別れた分身と
自分と別れた分身の間が生まれました。

概念としては
二つに分かれたのですが
二つとの間ができたので三つに分かれました。


原因は神が分身を創ろうと思ったことで
結果は分身が生まれたことです。


始まりから原因と結果の法則が
働いていたのです。


神から分かれた分身の神様が
自分の分身を沢山作りました。

しかし、どうも考えがすべて同じで
変化がないことに気が付きました。

生きずまったのです。
すべてであるために無いことが解らなかったのです。


とてもお金持ちの家に生まれて
なに不自由なく育ったようなものです。
お金がなくて買えなかったことがないので
手に入らないという概念がなかったのです。

 

そこで実験が始まります。
制限をかけたのです。

お金がないことを体験したくて
制限をかけたのです。

自分が神様だと忘れて
お金がない体験をしてみたくなったのです。

神様は地上に降りてきて
お金がない生活を体験しているのです。


もう十分だと思ったら制限を解除して
元のお金持ちに戻っていいのです。


あなたも私も、もともと金持ちだったんです。
どうぞ、金持ちに戻ってください。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ